私は去年までアパートに住んでいました。当時の事を思い出し、メリット・デメリットについて書いていきます。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

アパートに住むメリット

まず、アパートとはどういった物件の事を言うのでしょうか。一つの建物の内側をいくつかに区切って、それぞれを独立した住居とした集合住宅の事を言うみたいです。少し前は分譲住宅に対しても言われていましたが、今ではほとんどの場合において賃貸物件を指す用語となっています。

同じような共同住宅でも、比較的大きな建物や・豪華なものはマンションと言われる方が多いようです。メリットとしては、こじんまりしているので比較的家賃が安めに設定されています。築年数にもよると思いますが、共益費や管理費もマンションなどに比べてお手頃だと思います。あとは少し築年数が経っているアパートの特徴は、最近建てられた物件よりも収納スペースが広くとられていることが多いようですので物や服が多い方にはおすすめだと思います。

デメリットとして私が思うのはアパートにはまだ木造が多い為壁が薄いと思います。なので、隣に住む人の生活音まで聞こえることはよほどないとは思いますがみんな集合して遊んでいたりする場合は聞こえてしまう事もありそうですね。また、木造の所は冷暖房の効きがあまりよくないとも聞きます。最近のアパートはすごくおしゃれな所も多いので、一度住んでみるともっとメリットがみつけられそうですね。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.