新しくできるアパートには、多くの人がないと困るという設備を備えているため、住めば都になりそうです。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

新しいアパートなら住めば都に

昔から、住めば都と言いますが、こと女性に限って言えば、やはり住まいにはお風呂とトイレ、それにキッチンと洗濯機置き場があることが最低条件ではないでしょうか。男性なら、お風呂屋さんが近くにあればそれでいいと思うかもしれませんし、独り身で料理はしないという人なら、キッチンにこだわることもないでしょう。もしかするとトイレさえも、共同でも抵抗がないかもしれません。けれど、女性の場合はいくつになっても住まいの中に、お風呂、トイレ、キッチンは必須ですし、洗濯も部屋の中でできるのが絶対条件となるのは間違いありません。

昔ながらのアパートには、部屋に風呂なし、トイレなしでいまだ現役で稼働しているところもありますが、そうしたところには総じて空き部屋が目立つものです。逆に、新しく建てられたアパートの場合、ユニットバスではあるものの、キレイなお風呂とトイレがあり、一人用のコンパクトなキッチンに、部屋の中やベランダに洗濯機を据え置く場所も設けてあります。おそらく男性でも、若い人はこうした条件を女性同様に求めるでしょうから、より若い人をターゲットにしているのです。そうしたアパートは家賃も少し高くなりますが、それだけの価値があると言えるでしょう。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.