昔ながらの古いままでは入居者が見込めないアパートには、大胆に手を入れて改装する必要があります。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

若い女性に好まれるアパートに

男性というのは、生まれながらに狩猟本能を持っていますので、いくら草食系男子が増えたとはいうものの、女性に比べると幾分乱暴なところがあるのは否めません。そのため、アパートの大家さんによっては、部屋を丁寧に、きれいに使ってくれる女性の入居者を募りたいと考えている人が多くいます。もちろん、中には粗野な女性もいますが、物件を借りて暮らそうという女性の大半は、できるだけ傷をつけずに、きれいに使って暮らそうと考えるのではないでしょうか。それを見越して、古くなったアパートを改装する様子を、先日テレビで放送していました。

部屋の中にはお風呂はなく、トイレも和式です。畳敷きのいかにも古臭い、昔ながらの建物に、とうてい若い女性の入居は見込めそうにありません。しかも老朽化が進み、ベランダの鉄柵は腐ってしまい、危なくて出ることすらできません。それをリフォームしてきれいにしようというのですから、かなりの決心がいったことでしょう。けれど、女性の入居には必須のお風呂と、キレイな洋式のトイレ、小さいながらも機能的なキッチンが出来上がったことで、見違えるようにきれいなアパートになりました。やはり入居者を得るには、それなりの設備投資が求められるということです。

RECOMMEND

  • 葬儀(高槻市)ホールは、スタンダードから独自のスタイルまで提供できるこちら。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.