アパートの供給は、少子高齢化と空き家の増加から増える傾向にあります。借り手は、選択の幅が広がりそうです。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

アパートは、供給が増えています。

今、空き家が多数発生しています。地方ばかりでなく、都会でも同じ傾向にあります。少子高齢化が進む日本では、ますます空き家の数が増えると予想されます。持ち家に対する憧れは、根強くありますが、一方で賃貸を好む層も増えています。都会でも地方でも、空いた家の有効活用が必須となっている今、賃貸派には、追い風が吹いているのです。都会では、ミニマムなスペースを多くの人でシェアするアパートが人気です。都会の利便性の高い地域に憧れますが、賃貸料が高いので住めません。そこで、一人の部屋を小さくして、多くの人が住めるアパートを提供します。キッチンやリビングを共有にしたものも有ります。

地方では、人口流出を防ぐ為に、若いファミリー層に格安でアパートを提供する自治体も有ります。IターンやUターン制度を利用すると良いでしょう都会でも、ファミリー専用のアパートを、収入に応じて、家賃を補助する制度が有りますから利用してみましょう。住居費を押さえられれば生活に余裕ができます。いずれにしても、人口減少と空き家の増加から、アパートを提供する側は、創意工夫して優良物件を提供していくことでしょう。借りる側は、自分のニーズと予算に合った物件が選択できそうです。

RECOMMEND

Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.