賃貸アパートの建築を考えている方、賃貸アパート経営をされている方達が、考えなくてはいけない人口の減少に付いて

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

今後人口が減少する中での賃貸アパートのすすめ

核家族化が進む今日、相続税対策もかねてなのか、アパート建築も多く、比較的新しい物件は、入居率も良く、順調に見えますが、実際の所はどのようになっているんでしょうか?このままでいくと、日本の人口は、減少傾向に有ります。住む人が減少すれば、当然アパートを借りる人口も減少すると思います。空室が増える事で、満室状態を保つ為に、貸主は、人とは違う新しい企画等、色々な面から、差別化をしていく必要も出てくると思います。また、建築年数が、ます程に設備等に修繕が必要になる箇所も多くなり、その点の出費もかなりの負担となる事間違いなし。

修繕費に関しては、建築予定段階でも許容範囲内では有りますが、建築後の入居状態は、だれにも想像ができないし、あくまでも想像の中での経営予定。いつ、何処で、何が起きるか、だれにも分からない中で、新しい事にチャレンジ出来るパワーは、とてもステキな事ですが、色々な面から良く確認の上、賃貸アパート経営、人口との比率、今後の日本の人口増加、必要最低限の問題解消の上、アパート経営が、上手く進む事を願います。

最後に、アパートの個数が増す今日、借りて市場となり、貸主の負担が多くなってきますが、借りる方、貸す方、双方が、気も良い取引が出来るように、お互いの物を大切に扱う等、当たり前のルールを再確認して、問題ないよう明るい未来がくる事を切に願います。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.