アパートだとフリーターのように収入が低くても家賃が安いですのでその分、借りる事ができます。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

アパートだとフリーターでも十分借りれる

アパートだとフリーターのように収入が低い人でも、家賃が安いですので借りる事ができます。マンションですとどうしても家賃の方が高めの所が多いです。基本的に月収の3分の1以上の家賃の所は審査が通りにくいです。フリーターですと月収が10万円から15万円ぐらいの人が多いです。そうなってきますと4万円から5万円の家賃の所を探す必要がありますけど、マンションですとワンルームでも5万円以上家賃が必要になってきますので、かなり審査に通るのが厳しくなってきます。しかしアパートの場合は、家賃が3万円から4万円ぐらいの所も多いです。つまり月収が低くても十分借りられる事ができます。

さらに、保証人がしっかりしていればさらに借りられる可能性が高くなってきます。ですのでフリーターのように収入が低い人はなるべくマンションではなくてアパートを選択するようにします。そのほうが審査に通りやすいですので、短い期間で自分の住む所を決める事ができるのです。たしかにマンションの方が設備が良い所が多いですので、マンションに住みたいという気持ちが強い人もいますけど、審査に通らなければ住めないです。また、最近はアパートもかなり住みやすいですのでそれほど問題はないです。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.