デザイナーズ物件と言えばマンションというイメージが強いですが、アパートに関してもデザイナーズ物件はあります

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

デザイナーズアパートについて

デザイナーズ物件と一口に言っても、実際はどのような特徴があればデザイナーズ物件なのか定義があいまいになっています。デザイナーズ物件に多いのはマンションのみだと思われがちですが、アパートの部屋をデザイナーズに改装した部屋や、物件自体をデザインしたデザイナーズアパートも増えています。建築家が建物から部屋の中まで総合的にデザインしている物件もあれば、既にある物件を設計事務所などがデザイナしが今のニーズに合わせて意匠的、そして機能的にリフォームやリノベーションしている物件なども増えてきています。

デザイナーズ物件に住むのであれば、やはり意匠性にこだわりたいですが、デザイン性を重視し過ぎて、返って住みづらい部屋になってしまう事例もありますので注意が必要です。デザイナーズ物件の特徴を十分に認識して自分のこだわりと住み心地の双方のバランスが取れている物件をお勧めします。

デザイナーズマンションやアパートに関しては、建物の材料、改装する時の建材などにこだわりを持って選定しているので、一般の建材よりもグレードが高いものを使用しています。そのため一般の家賃と比べてやや高い傾向にありますが、市街地から少し距離が離れている物件や、築年数が経過している物件ですと一般家賃とさほどかわらない物件もありますのでよく検討しましょう。

RECOMMEND

Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.