実はアパートとマンションの違いというものは法律的にはなく、大きいか、小さいか、ということで決まっているのです。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

アパートとマンションの違い

アパートとマンションというものが賃貸物件では代表的なものであるといえます。賃貸で住む、というとこの二つのどちらかであることが多いです。もちろん、戸建てもあるのですが、基本的にはそこまで多いことではないのです。ですから、アパートかマンションのどちらか、ということになりますが、実はこの二つには明確な定義の違いがあるわけではないのです。それこそ、不動産屋の匙加減で決まることであるといってもよいくらいです。但し、さすがに業界的にある程度は基準があります。鉄筋コンクリート製で三階以上の場合はマンション、とすることが多いです。エレベーターなんかがあれば確実です。管理人が常駐していることも多いです。アパートは小規模であり、二階以下であることが多いです。部屋数も十戸以下であることが多いです。つまりは、大きいか、小さいか、ということによって決められているようなものであるわけです。

借りるときにはアパートであるか、マンションであるか、ということを拘ることは不要であるといえます。但し、一般的にアパートのほうが家賃が安いことが多いです。ですから、安いところに住みたい、という人は小さい集合住宅であるアパートにすることが多いです。

RECOMMEND

Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.