アパートというのは定義があるわけではないのです。小規模な集合住宅のことをそう呼ぶことが多いのです。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

アパートというのは定義が

アパートとマンションというのは定義の差があったり、名所をつけるときの決まりがあるわけではないのです。つまりは、不動産会社の方がマンションだと思えばマンションになりますし、アパートになると思えばアパートになってしまうわけです。要するにその人の感性の違いでマンションにもアパートにもなるわけですから、そこまで気にすることではない、ということです。しかし、当然のことではありますが、業界ではある程度のラインがあります。ですから、ある程度、マンションやアパートは区別することができるわけです。法律的な定義がないとしても、業界的にはあるのです。

例えば、マンションなら鉄筋コンクリート造りで、耐火構造であるものをそう呼んでいることが多いです。アパートに比べると防音に優れていることが多く、かなり整った設備であるところが多いです。ですから、月々の賃貸料が比較的高い、階層が高いのでエレベーターなどが設置されていることが多いのがマンションなのです。アパートの特徴は木造や軽量鉄骨などで造られている準耐火構造の住宅であり、2階建て程度のものが多いです。つまりは、アパートは比較的小規模な集合住宅なのです。意外と知られていないことですから、覚えておくことです。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.