アパートとマンションはどちらが優秀でしょうか。アパートだってマンションに負けてはいないのです。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

アパートかマンションかどちらが優秀か

マンションとアパートの間には、法律で決められたような明確な違いはありません。強いて言うならば、マンションは鉄筋コンクリート造りであり、アパートは木造建築であるということだけでしょう。もちろんこれはあくまで両者を分ける目安に過ぎず、中には鉄筋コンクリート造りのアパートやハイツと呼ばれているアパートなどもあります。要するに、名称によって住宅を選ぶべきではないということなのです。

マンションというのは、アパートに比べて、設備が整っていて、高級感のある雰囲気が特徴です。確かに設備的にはマンションの方が優れていますし、その耐震性、防火性、防音性は、木造建築の多いアパートよりも優秀です。しかしアパートが劣等物件であるわけではありません。アパートの中にも設備の整った物件というのは当然あります。とりわけ築年数の古いアパートには、内装のリフォーム済みという物件も少なくなく、むしろ設備が整っているもの意外に多いのも事実なのです。

要は大事なのは、名称でもって物件を決めないということです。名称だけで建物の価値は決まらないということです。その中身を見て、外観やイメージだけではなく内装の充実を見て、最終的な判断をするべきなのです。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.