初めての一人暮らしでアパートを選ぶとき、何を重視して決めればいいのでしょう。三つのポイントを紹介します。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

一人暮らしのアパート選び

親元を離れて初めての一人暮らしでは、アパートを選ぶことが多いでしょう。寮と違い自由度が高く、住み替えもしやすい、暮らしやすいことが一般的です。学生街など特にたくさんの物件がある中で、どのようなポイントを重視して部屋を決めることが大切なのでしょうか。

まずは間取りがあげられます。ワンルームだと寝る場所と食事をする場所がわけにくく、またユニットバスも最初は使い方に戸惑うかもしれません。収納はどのくらいあるのか、お気に入りの家具は置けるのか、広さや幅、高さも確認しておきましょう。また、立地も生活を間違いなく左右する要素です。駅から近いのは楽ですが、夜も人が賑わってうるさいかもしれませんし、外が明るくて落ち着かないかもしれません。また、坂の多い場所は大雨・大雪のときの心得も必要ですね。熱が出て動けないときにも行けるようなコンビニがあると安心です。

また、家賃は妥当でしょうか。毎月の出費なのでぜひ抑えたいところですが、妥協してすぐ引っ越すはめになっては手間も時間もかかります。大家さんが個人の場合、交渉もできるかもしれませんのでぜひ相談してみましょう。自分で納得して選んだ部屋は、きっと快適な生活を保障してくれることでしょう。
Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.