賃貸物件のアパートやマンションの具体的な違いや、どちらがを選ぶべきかについて述べた記事です。

近年のアパートの傾向
近年のアパートの傾向

近年のアパートの傾向

賃貸物件には大きく分けて、アパート、マンション、一戸建ての三タイプありますが、その中でも区別のつきにくいのがアパートとマンションです。一般的には、階数が多く、大型の集合住宅がマンション、小型の集合住宅がアパートという考え方が挙げられますが、具体的な境界線は存在するのでしょうか。

調べてみると、マンションやアパートは法的な線引きはないようです。ですが、不動産関連の会社は、独自に境界を作っていることが多いようです。アパートは大半が二階建て未満で木造、プレハブ造のものに、マンションは階数の上限がなく、鉄骨鉄筋コンクリートなどで造られたものに名づけられることが殆どのようです。基本的には、世間の一般的な考えとは同じようです。

では、それぞれの利点はどうなのでしょうか。マンションの一番の利点に、災害時の安全性が挙げられます。これは、鉄筋コンクリート造りのものが多いため、大地震などの災害に遭遇しても全壊を免れる可能性があるからです。それに、近年のマンションはオートロックなどの防犯対策が施されているものが多く、安心して生活できる点でもマンションは良い点があります。反対にアパートはどうかというと、アパートはマンションほどは丈夫な造りになっていない場合が多いですが、私は災害時には逆に優勢になるのでは、と思ったりもします。たとえば、階段で火災が発生したとします。高層マンションなら、隣の部屋に映るか、自分の部屋にとどまるかの選択しかありません。ですが、二階建てのアパートなら、もし自分の部屋に炎が突き破ってきたとしても、一階や庭などに飛び降りることもできます。滅多に起こることではありませんが、最悪の事態を想定することが最も重要であると思います。この様に、マンションとアパートを比較した場合、マンションは耐久性や防犯性に優れますが、アパートは賃料の安さや、非常時の柔軟性に長けているのではないでしょうか。

RECOMMEND

Copyright (C)2018近年のアパートの傾向.All rights reserved.